FX初心者のレバレッジ設定
TOP>レバレッジとは

レバレッジとは

スワップ派おすすめFX口座
出金派 YJFX [外貨ex]
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

サイトマップ

レバレッジとは

  1. 外為どっとコム
  2. セントラル短資FX
  3. FXCMジャパン
  4. 25倍と2倍の違い

スワップ運用

  1. ロスカット計算
  2. 運用率計算
  3. 共分散の活用

為替レートの下落予測

  1. 過去レート

最適なレバレッジ設定

  1. 最安値の想定
  2. 最低投資元本の算定
  3. 実効レバレッジ決定
  4. 豪ドル円のレバレッジ
  5. ランド円のレバレッジ

レバレッジ特集

  1. ハイリスクは誤解
  2. レバレッジ規制
FX税金徹底解説
FX比較スワップ派口座

レバレッジの意味

 レバレッジという用語の意味は、投資元本より大きな金額での取引を可能にするサービスのことです。取引手段の一つです。

 投資元本が100万円の場合、通常は100万円分の投資しかできません。
 ところが、レバレッジを使えば、その何倍もの取引ができるのです。レバレッジ10倍だったら1000万円分の投資が可能です。100倍だったら1億円分の投資ができることになります。

レバレッジの理解度を知る問題
 レバレッジ100倍の取引ができる口座があるとします。この口座において、レバレッジ2倍の運用が可能でしょうか。

 これに答えられれば、レバレッジは理解できています。分からない人は続きをご覧ください。最後に答えも用意しました。

2つのレバレッジ

 レバレッジには2つの意味があります。

 一つは、取引証拠金へのレバレッジです。
 もう一つは、投資元本へのレバレッジです。

取引証拠金へのレバレッジ
 取引証拠金とは、取引保証金または必要保証金または必要証拠金と呼ばれています。
 これは、新規注文する時に、必要な金額のことです。
 預け入れた証拠金(投資元本ですね)から、取引に必要な分だけ使います。ですから必要証拠金といったり、取引証拠金といったりします。

 たとえば、預け入れた証拠金(預託金と呼びます)が、100万円だとしましょう。
 取引証拠金が2万円ならば、預託金100万円から、2万円を使って新規注文を行いポジションを建てます。つまり2万円あればポジションを建てることができるということです。

 では、米ドル円での取引を考えてみましょう。
 1ドル=100円の時、1万米ドルを買いポジションで持ちました。この時、取引証拠金は2万円でした。
 本来、1万米ドル買うには、100円×1万通貨=100万円が必要です。
 本来の取引金額は100万円ですから、取引証拠金も100万円なくてはいけません。

 しかし、これにレバレッジをかけて少ない金額で取引できるようにしたのがFXです。
 この例では、取引証拠金は2万円でいいわけです。
 100万円が、わずか2万円です。
 レバレッジは、50倍(=100万円÷2万円)です。
 これが『取引証拠金へのレバレッジ』です。

計算式は
 取引証拠金へのレバレッジ=本来の取引金額÷取引証拠金

投資元本へのレバレッジ

 もう一つのレバレッジである『投資元本へのレバレッジ』について説明しましょう。

 実際の運用で重要なのは、この『投資元本へのレバレッジ』です。
 一部のFX業者では、「実効レバレッジ」と呼んでいます。

 投資元本は、預け入れた証拠金(預託金)のことです。
 たとえば、あなたがFXで10万円を運用しようとしています。この10万円が投資元本です。FXではこれを預託金といいます。

 先ほどの米ドル円取引の例で考えてみましょう。

 本来の取引金額は1ドル=100円ですから、100円×1万通貨=100万円です。
 投資元本(預託金)は100万円必要になるはずです。
 しかし、先ほど説明した通り、取引証拠金にレバレッジがかけられます。
 よって投資元本(預託金)は100万円より少なくても大丈夫です。

 そこで投資元本(預託金)が、10万円だとしましょう。
 この時の投資元本へのレバレッジは、10倍(=100万円÷10万円)です。

 さて、投資元本は、本来の取引金額よりも少なくてもいいのですが、どれくらいの金額まで少なくすることができるのでしょうか。
 それは取引証拠金の金額まで、です。
 取引証拠金が2万円なら、1万通貨につき2万円が、投資元本の最低金額になります。

計算式は
 投資元本へのレバレッジ=本来の取引金額÷投資元本(預託金)

 補足しますが、通貨量が増えても同じことです。
 米ドル円、5万通貨の場合なら、100円×5万=500万円。本来の取引金額は500万円です。
 投資元本(預託金)が10万円ならば
 500万円÷10万円=投資元本へのレバレッジ50倍
 という計算になります。

冒頭の問題の答え

 設問は、レバレッジ100倍の取引ができる口座があるとします。この口座において、レバレッジ2倍の運用が可能でしょうか。

 「レバレッジ100倍の取引ができる口座」とは、取引証拠金へのレバレッジが100倍、ということを指しています。
 「レバレッジ2倍の運用」とは、投資元本へのレバレッジが2倍ということを指しています。

 取引証拠金へのレバレッジが100倍ということは、取引証拠金は米ドル円(1ドル=100円)では1万円/1万通貨となります。
 投資元本へのレバレッジが2倍ということは、投資元本は50万円で1万通貨買っている状態です。1万通貨の取引証拠金は1万円ですね。投資元本が50万円ありますからポジションを建てることができます。

 【取引証拠金へのレバレッジ > 投資元本へのレバレッジ】であるなら、そのレバレッジでの運用は可能なのです。
 取引証拠金へのレバレッジが100倍の口座の場合、投資元本レバレッジが100倍以下なら可能ということです。

 FX会社のホームページでレバレッジ○倍というのは、取引証拠金へのレバレッジのことです。
 投資元本へのレバレッジは、あなた自身で設定することができるのです。投資元本の金額は、あなた自身が決めることだからです。

 ということで、設問への答えは、「可能」。

実際のFX会社でのレバレッジの具体例
 取引証拠金のレバレッジは、3タイプに分けることができます。
 (1)「外為どっとコム」タイプ
 (2)「セントラル短資FX」タイプ
 (3)「FXCM」タイプ



金利生活をする方法 FX業者口コミ評判

リンク

投資における最終判断は投資家本人にあります。当サイトを参考にされることはかまいませんが、当方でなんらかの責任を負うものではありません。

Copyright (C) FX初心者のレバレッジ設定, All rights reserved.