FX初心者のレバレッジ設定
TOPスワップ運用>ロスカット計算

スワップ運用の基礎基本 ロスカット計算

スワップ派おすすめFX口座
出金派 YJFX [外貨ex]
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

サイトマップ

レバレッジとは

  1. 外為どっとコム
  2. セントラル短資FX
  3. FXCMジャパン
  4. 25倍と2倍の違い

スワップ運用

  1. ロスカット計算
  2. 運用率計算
  3. 共分散の活用

為替レートの下落予測

  1. 過去レート

最適なレバレッジ設定

  1. 最安値の想定
  2. 最低投資元本の算定
  3. 実効レバレッジ決定
  4. 豪ドル円のレバレッジ
  5. ランド円のレバレッジ

レバレッジ特集

  1. ハイリスクは誤解
  2. レバレッジ規制
FX税金徹底解説
FX比較スワップ派口座

ロスカット計算

 ロスカット計算とは、「あと何円(pips)下がりでロスカットになるか」を計算することです。

 次の例を使って、具体的に計算してみましょう。

 投資元本(預託金):  100万円
 取引証拠金:  4万円
 ロスカット条件:  有効証拠金が取引証拠金の30%を下回る
   ※有効証拠金額=投資元本+評価損益
 約定レート:  1ドル=100円
 取引量:  2万通貨

ロスカット計算の手順

 計算手順としては
 (1)ロスカットレベルはいくらか
 (2)評価損がどれくらいで、ロスカットレベルに到達するか
 (3)(2)の状態になるには、何円(pips)下がる必要があるか

(1)ロスカットレベルはいくらか
 ロスカットレベルとは、ロスカット条件を満たす有効証拠金額のことです。

 ここまで損したらロスカットだ、という金額のことですね。
 つまり評価損が増えていくと、投資元本が減っていくわけですが、投資元本がここまで減ってしまうとロスカットですよ、という金額のことです。

 ロスカットレベル
 =4万円×30%
 =1.2万円
 よって、ロスカットレベルは、1.2万円です。

 ロスカット条件は業者によって違うので一概に言えません。

(2)評価損がどれくらいで、ロスカットレベルに到達するか
 ロスカットレベルは、1万通貨につき、1.2万円です。
 2万通貨の取引ですから、1.2万円×2=2.4万円。
 投資元本が、2.4万円まで減少すれば、ロスカットになります。

 投資元本は100万円ですから、これが、2.4万円まで減るには
  100万円-2.4万円=97.6万円
 97.6万円の評価損がなくてはなりません。

 計算式は、
   投資元本-(ロスカットレベル×通貨量)

(3)(2)の状態になるには、何円(pips)下がる必要があるか
 評価損97.6万円になるには、レートが何円下がる必要があるかを計算します。

 計算は
   97.6万円÷2万通貨=48.8円

 レートが、48.8円下がると、97.6万円の評価損になります。

 ちなみに
 レートが1円下がると、【1万円×取引量】だけ損をしていくのです。
 取引量が1万通貨なら、レート1円につき、1万円の損。
 取引量が5万通貨なら、レート1円につき、5万円の損。
 取引量が0.2万通貨なら、レート1円につき、0.2万円の損。

 ですから、97.6万円を、取引量で割っているのです。

「あと何円(pips)下がりでロスカットになるか」

 あと48.8円下がりでロスカットになることが計算できました。

スワップ運用に必要なこと
 ロスカット計算
 運用率計算
 共分散の活用



金利生活をする方法 FX業者口コミ評判

リンク

投資における最終判断は投資家本人にあります。当サイトを参考にされることはかまいませんが、当方でなんらかの責任を負うものではありません。

Copyright (C) FX初心者のレバレッジ設定, All rights reserved.