FX初心者のレバレッジ設定
TOP>為替レートの下落予測

為替レートの下落予測をもとにポジションを建てます!

スワップ派おすすめFX口座
出金派 YJFX [外貨ex]
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

サイトマップ

レバレッジとは

  1. 外為どっとコム
  2. セントラル短資FX
  3. FXCMジャパン
  4. 25倍と2倍の違い

スワップ運用

  1. ロスカット計算
  2. 運用率計算
  3. 共分散の活用

為替レートの下落予測

  1. 過去レート

最適なレバレッジ設定

  1. 最安値の想定
  2. 最低投資元本の算定
  3. 実効レバレッジ決定
  4. 豪ドル円のレバレッジ
  5. ランド円のレバレッジ

レバレッジ特集

  1. ハイリスクは誤解
  2. レバレッジ規制
FX税金徹底解説
FX比較スワップ派口座

スワップ派の為替レートの下落予測

 為替レートは下落します。
 これは絶対におこります。

 スワップ運用されやすい通貨ペアは、スワップポイントが高い通貨ペアですね。スワップポイントが高いということは、通貨同士の国に金利差があるということです。金利差を狙って取引することを、キャリートレードといいます。
 このようなキャリートレードが行われている通貨ペアは、長期間、上昇し、短期間で下落する性質があります。

 ですから、スワップ派は、下落することを前提にポジションを建てます。

過去レートを調べる

 過去レートを調べる時のポイントは、最安値です。
 最安値まで下落してもロスカットにならないようにする必要があります。
 これは最低限の配慮です。

最安値近辺ではどうするか

 最安値が1ドル=79円としましょう。
 実際のレートが、1ドル=80円だとします。
 ほぼ最安値なわけですが、この場合は、1円下がることだけを警戒してポジションを建てればいいのでしょうか。

 常識的に言って、それは無謀です。

 そういう時にポジションを取る場合、参考にすべきは「ボラティリティ」です。
 これは、過去レートを統計処理して、標準偏差で表したものです。

 これを計算するのは面倒です。
 セントラル短資FXでは、直近の20日分のデータで、ボラティリティを教えてくれます。
 これを参考にして、下落幅を予測します。

 詳しくは→ 過去レート

レバレッジ設定をするために調べておくこと
 過去レート



金利生活をする方法 FX業者口コミ評判

リンク

投資における最終判断は投資家本人にあります。当サイトを参考にされることはかまいませんが、当方でなんらかの責任を負うものではありません。

Copyright (C) FX初心者のレバレッジ設定, All rights reserved.