FX初心者のレバレッジ設定

レバレッジ設定について

スワップ派 おすすめFX口座
セントラル短資FX

サイトマップ

レバレッジとは

  1. 外為どっとコム
  2. セントラル短資FX
  3. FXCMジャパン
  4. 25倍と2倍の違い

スワップ運用

  1. ロスカット計算
  2. 運用率計算
  3. 共分散の活用

為替レートの下落予測

  1. 過去レート

最適なレバレッジ設定

  1. 最安値の想定
  2. 最低投資元本の算定
  3. 実効レバレッジ決定
  4. 豪ドル円のレバレッジ
  5. ランド円のレバレッジ

レバレッジ特集

  1. ハイリスクは誤解
  2. レバレッジ規制
FX税金徹底解説
FX比較スワップ派口座

リンク4 レバレッジ設定

 レバレッジの設定というのは、難しいです。一般的には、上手くトレンドに乗っている時はレバレッジ設定は高めにします。トレンドが読めない時はポジションをとりません。ただしスワップ運用は別です。スワップ運用では、次の大きな下落を考えてレバレッジ設定を低くしておきます。低くしておくのはいいのですが、どの程度にするのかが難しいです。スワップ運用ではレバレッジ設定が運用率に大きく影響しますから。たとえば、大きな円高がきて市場最安値をつけたようなときは、その後必ず円安に向かいます。円高後は円安なので、この円安トレンドに入った時、レバレッジを高く設定するスワップ派は、ロスカットされる可能性が高いです。円安のピーク時にスイングトレードで決済してしまうつもりがあるのならいいのです。しかし単純に買い持ちだけしている場合、急激な円高トレンドが生まれた時、ロスカットされることになります。相場は読めないと考えるスワップ派なら、最安値より多少余裕をもってレバレッジ設定すべきです。その方が安全だといえます。まあ、なんにしろ円高でうろうろしている相場が買いのチャンスです。スワップ派の運用率を高めるのは円高の時期にどれだけポジションを持てたのかによります。トレード派のレバレッジ設定はそれほど気を使うことはなく、むしろ損切りポイントをどこに設定するかが問題です。それによってレバレッジの設定も自動的に決まってきます。



リンクFX 初心者 レバレッジ 設定FX1 生活1 生活2 金融1

投資における最終判断は投資家本人にあります。当サイトを参考にされることはかまいませんが、当方でなんらかの責任を負うものではありません。

Copyright (C) FX初心者のレバレッジ設定, All rights reserved.